サービス(全般)

消費税増税-事務処理はすぐそこに ご準備のためのヒント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あっという間に10月1日が来て、消費税増税も軽減税率も実施中。近くのコンビニでお弁当を買って店内で食べると申告したらしっかり10%の課税となりました(当たり前、でもなんか悔しい)。こうした売り場レベルでは既に現実の世界となった消費税増税ですが、バックオフィスでの集計や請求書類等の作成はこれからです。皆様、ご準備はお済みでしょうか?
プラネットワークスでは、消費税増税対応で既にいくつかのご依頼について対応させて頂いており、これからの作業を意識すると次のようなものがあります。

<<エクセルの金額計算数式の変更やワークシートの新規作成>>
業種や目的によっては数式内の0.08を0.10に書き換えるだけで済みますが、例えば締め日の関係で8%と10%の両方の税率適用が集計上必要となる場合、日付けによる場合分けを追加する(エクセルのif文による二つの税率の使い分け)ことで、処理が自動化されミスがぐっと減ることが期待できます。軽減税率の適用、不適用の売り上げ集計にも同じことが言えますが、特に10月締め分では、場合分けはさらに複雑となります。
エクセルは合計(Σ)しか使っていないあなた、ご心配いりません。シンプルな場合分けから、マクロを使ったやや複雑な処理までエクセル表のレイアウト修正を含めてプラネットワークスがお手伝いをしております。

上記以外でも消費税増税にお困り、お悩みがありましたらぜひプラネットワークスにご相談下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。