ジャパンエイド救急隊活動ブログ

Windows10初期設定でローカルアカウントが作れない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ある日、リカバリ後の初期セットアップを行っていたところ
強制的にMicrosoftアカウントで設定しなくてはならない状態に…

以前は途中まで進んだ時点で
この様にオフラインアカウント(=ローカルアカウント)の表示が出たのですが、バージョン1903以降はインターネットに接続された状態で初期設定を行うと、Microsoftアカウントで設定を行う以外回避策がなくなってしまったようです。
※Pro版は従来通り、インターネットに接続していてもローカルアカウントを作成できる回避策があります。

設定後にローカルアカウントに変更すれば良いことなのですが、出来れば [ローカルアカウント][Microsoftアカウント]どちらを選択するか、自分で決めたいという方も多いのではないでしょうか。

インターネットに接続していなければ、Microsoftアカウントのパスワード認証もできないはずです。
ということで、インターネットに接続せずに初期セットアップを行った結果

途中で、下記のような画面が表示されましたが[制限された設定で続行する]を選択する事で
無事、ローカルアカウントの作成が完了しました。

他のWebサイト上でもこの現象に対する回避策が多数公開されている様に、それだけ困っている方も多いという事かと思われます。

ウィザード形式でセットアップを行うことが出来る仕組みは、とても良いと思うのですがインターネットに接続した状態で設定を進めてしまうと、強制シャットダウンを行わない限り、Microsoftアカウントでのセットアップ(PIN設定も強制)になるという変更点があります。

Microsoftアカウントにも沢山の利点がありますが、強要されてしまう事に抵抗感を覚える方も多いのではないでしょうか。

初期設定はPCのその後に影響を与える要素の一つです。
パソコンは届いたものの電源を入れるのが不安、設定したがこれで良いのか不安などパソコンの設定にお困りの方は、お気軽にジャパンエイドPC救急隊までお問い合わせください。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。