ジャパンエイド救急隊活動ブログ

2段階認証の薦め

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

個人情報の漏洩事件 

ID、パスワードなどの個人情報の漏洩事件が後を絶ちません。ハッカーによる外部からの不正アクセス、内部での不正使用など、自分ではいくら気をつけていても防ぎきれません。 

参考URL:ウィキペディアフリー百科事典 

https://ja.wikipedia.org/wiki/個人情報漏洩 

パスワードは、一旦漏れてしまうとその影響は計り知れません。 
でも、2段階認証の設定をしておくと安心です。 

 

2段階認証とは何か  

2段階認証は字のごとく、パスワードだけでなく、もう一段階の認証を行うものです。 

2段階認証の方法は複数ありますが、よく使われている方法として、自分が所有する端末(スマホ、固定電話など)にセキュリティコードを送り、そのセキュリティコードが分かる人を本人と判断します。つまり、パスワードが漏れても、セキュリティコードを受け取れない人は本人ではないと判断し、ログインできない仕掛けです。 

使用するための設定が、一見、難しそうに思えますが、意外と簡単です。 

 

例えば、グーグルアカウントでの2段階認証設定 

1.最初にGoogleアカウントの設定画面から、「ログインとセキュリティ」→「2段階認証プロセス」を開きます。 

2.簡単な説明が表示されるので、それを読んだ後、「開始」をタップします。 

3.「電話番号」を入力して、「次へ」をタップします。 

4.「利用できるかの確認」が表示されるので、GoogleからSMSに届いた「Google確認コード」を入力して「次へ」をタップします。 

5.「確認が完了しました。2段階認証プロセスを有効にしますか?」という最終確認の画面が表示されますので、「オンにする」をタップします。 

6.「2段階認証プロセス」の設定ページが再び表示され、「2段階認証プロセスは2018/MM/DDより有効になっています」と表示されていれば、設定完了です。 

設定でお困りの場合は、ジャパンエイドPC救急隊へご相談ください。(渋谷本部より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。