ソフト(アプリ:メール)

WindowsLiveMailからOutlookへ(データインポート編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回は「MailStore Home」を使用したWindowsLiveMailからのデータのエクスポートをご紹介しましたが、今回はOutlookへのインポート編となります。

 

<備考>

今回ブログで使用しているエクスポート/インポートの意味について

■一般的な使用方法

・エクスポート=他のアプリケーションソフトが解釈できる形式でファイルを保存する機能。

・インポート=ソフトウェアが、他のソフトウェアで作成されたデータを取り込んで利用できるようにする機能。

前回のブログで、言葉の使用方法がおかしいのでは?と思った方もいらっしゃると思いますが、タイトルはWindowsLiveMailをエクスポート元/Outlookをインポート先という書き方をしております。

 

データのエクスポート(アーカイブ)が終了した状態が下記画面。

アーカイブが正常に終了すると、上記の様に[マイアーカイブ]の下にWindowsLiveMailからエクスポートしたメール一覧が表示されます。

※MailStore Homeのソフトから見ると、WindowsLiveMailのデータをインポートしたことになります。

 

それでは、Outlookへの移行を開始します。

既に設定済みのOutlookデータに移行も可能ですが、使用しているデータと混在する事を防ぐため今回は別のファイルに移行します。

 

※「MailStore Home」というソフトで、Outlookというソフトで使用可能な形式に保存する機能を使用するため

MailStore HomeからOutlookへのエクスポートする事になります。

[Microsoft Outlook PSTファイル]をクリック。

上記画面上の「すべてのフォルダ」が選択されている状態で、[次へ]をクリック。

 

今回は、別のファイルにデータをエクスポートするため

[Eメールを新規または既存のPSTファイルにエクスポート]を選択。

分かりやすいように、任意の名前を設定し一旦デスクトップに保存。

(今回はOldmailという名前で保存しております)

[次へ]をクリックするとプロファイルが作成されます。

 

作成されたプロファイルをダブルクリックまたは、右側の[実行]をクリックする事でエクスポート作業が開始されます。

 

デスクトップに作成された[Oldmail.pst]ファイルを、Outlookを使用したいPCに保存。

※今後使用するにあたり、既定の保存場所となる、”C:¥Users¥ユーザー名¥Documents¥Outlook ファイル¥”への保存をお勧めします。

 

Outlookを起動し、[ファイル]→[開く/エクスポート]をクリック。

[Outlookデータファイルを開く]をクリック。

 

C:¥Users¥ユーザー名¥Documents¥Outlook ファイル¥に保存したPSTファイル(今回の場合はOldmail.pst)をクリックし[OK]。

「MailStore Export」フォルダの下にWindowsLiveMailのデータ移行完了。

移行方法の手段として、使ってみてはいかがでしょうか?

 

うまく移行できない/ダウンロードが不安な方… PC救急隊までお問い合わせください

 

 

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。