時事関連

師走の請求。江戸時代じゃなくてよかった?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャパンエイド PC救急隊城西SC 直兼です。

 

先日、紹介した僕のクライアント、WebディレクターのTさんの行きつけで、ちょっと早い忘年会もどきがありました。「もどき」というのは、会場が共通の行きつけ、御用達の定食兼居酒屋だったため、結局、普段の飲み会の延長だったためです()


311312

 

Tさんは仲間と小さなデザイン事務所を経営していますが、他の仲間はIT企業のみならず、営業や経理といった普通のサラリーマン、歴史の先生、販売員など職種も業界も様ざま。いろいろな世界の人の話を聞くと視野も広がるし、勉強にもなるので、本当にありがたいです。

 

年末ということで、反省とか来年の抱負とか、そういう話で盛り上がった中、先日の「早死に職業ランキング」も話題に。「零細企業は苦労が絶えない」と笑うTさんでしたが、やはり「代金を払ってもらえない、支払いが遅い」相手には苦労するそうです。Web制作の契約は相手によって違いますが、「サイトが完成してから代金を払う」というケースも少なくないといいます。しかし、請求書を出しても無視、代金を支払わない仕事先があるとのこと。「まあ、いろいろ事情があるのはわかるけど、こちらも慈善事業じゃないから、いろいろ手を尽くして払ってもらうけどね」というTさんですが、ひどい話だなと思いました。


       

 

250279

 

「それって、江戸時代の売り掛けだね」とは、歴史の先生。なんでも江戸時代は「つけ」で買い物するのが当たり前で、師走~まさにこの時期になると、商家の使用人が武家をはじめ、得意先に集金へ行ったそうです。「ちゃんと支払う得意先もいたけど、貧乏武士などは支払えずに言い訳三昧。相手は武士だし、集金担当の使用人は苦労したんだよ」

 

そこでお酒の追加を持ってきてくれたおかみさんが、「Tさんの相手は、武士じゃなくてよかったねえ」とひとこと。あまりにシリアスな顔で言うものだから、みんな思わず笑ってしまいました。

 

みなさん、いろいろ大変なんですね。どうか来年はいい年でありますように。

 

パソコンの故障、トラブルについてのあらゆるご相談は、ジャパンエイド PC救急隊まで。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。