サービス(全般)

電子納品業務代行、サポートします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

電子入札に加え、これから電子納品が中小企業にも義務化されてきます。
2007年末までには原則全ての都道府県と政令指定都市が対象となります。

これまでファイリングした書類を納品してたのが、CD-ROMでの納品になります。

電子納品にあたっての納品物作成作業には、次の専門ソフトが必要となってきます:
・CADソフト
・デジタル写真管理ソフト (「蔵衛門御用達」など)
・工事完成図書納品ソフト(XMLソフ ト、「現場図書館」など)
また一般的なソフトとして必要なものは
・ウィルスチェックソフト(ウィルスバスターなど)
・CD-R書き込みソフト(ISO9660対応。一般的なJolietは使用不可)
・PDF化ソフト(アクロバットなど)

プラネットワークス(株)ジャパンエイドPC救急隊ではこれらを使った作業一式を中小企業向けに代行、サポートします。

流れとしては
1. 着手前協議
2. 中間検査
3. 入稿: 必要な書類をお預かり致します
4. 入稿データチェック: お預かりした書類やデータを基準に照らし合わせてチェックします
5. データ修正
6. XMLファイルの作成: CALS/ECエキスパート有資格者によって工事情報の入力等電子納品要領に沿って作業致します
7. エラーチェック
8. メディア作成
9. 成果物納品

代行料金としては書類衣装ケース1箱あたり大体30万円前後、納期としては入稿から最短3日(お急ぎの場合)、平均1週間を目安としてください。

また詳細についてはお問い合わせ下さい。無料でお見積もりいたします。
tel: 0120-859910 (固定電話から)
03-5728-3575 (携帯、PHSから)

お問い合わせフォームはこちらから

関連サイト:
国土交通省の基準等
http://www.nilim-ed.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。