ネットワーク(全般)

ピアツーピア(P2P)のSNS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プラネットワークスの猿渡です。

パソコン修理の話題ではないのですが、今mixiやMySpaceなどのSNSなどがWEB2.0と呼ばれもてはやされてますね。

一方で今のパソコンや携帯電話などハードウェアの技術革新にも目覚しいものがある。それらがこれから進歩していくとどうなっていくのかちょっと考えてみました。

1人1台の携帯電話(或いはPDAやノートパソコン)がサーバになっていてIPv6のアドレスが割り振られている、MovableTypeのTRON版を搭載、一般公開していい情報と知り合いだけにしか公開しないクローズドな情報を格納、電車の中とか空いた時間にすぐに更新する。

SNSはそれらのクローズドなウェブ同士をP2P(ピアツーピア)で繋いでいく。WEB n.nでしょうか? SNS 2.0かな?

求人や求職も自分のプロフィールを公開して「求職」としておくと、企業の方から探してきてリクルートしてくる。

でもそうなると広告や会費で収益を得るビジネスモデルは成り立たなくなってしまうのかな。どうでしょう?

Web2.0に比べると我らがパソコン修理のジャパンエイドPC救急隊はホントに泥臭いサービスですが、一方でそんなIT社会の足回りを支えているという自負もあります。今後とも宜しくお願いします m(__)m

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。