ジャパンエイド救急隊活動ブログ

任天堂DSWiFiアダプタをモデムとしてUSB接続してるがつながらない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PC救急隊立川SCの大野です。

電話にて八王子のお客様よりお問合せ。任天堂(Nintendo)DS WiFiアダプタをモデムとしてUSB接続、認識はしているが、Bフレッツ、Biglobeでインターネット接続ができない。他のノートPCでは接続できるのに。。。
パソコンは2005/5自作のPC。

伺ったところ、本案件は現在のインターネット接続を共有して任天堂DSでインターネット使用とするもの。

問題点はルーターを介さず直接VDSLモデムに接続し192.168.0.1を使用している点と、増設の任天堂USB無線LANアダプタと接続ソフトが接続設定を決め打ち指定している点。一時的にアドレスコンフリクトを回避し、VPN接続設定に対し共有設定をして解決しました。

もう少し詳しくいうと本件は、Bフレッツで無線ルーターを導入していない環境(回線端末装置とピアトゥピアで接続)で無線LANアダプターを導入して、インターネット接続を共有するように構成するものです。

使用するハードはバッファロー(Buffalo)のUSB無線LANアダプター(NTR-010)、ドライバー&ソフトウェアはバッファローの簡単設定ツールを任天堂がカスタマイズしたもので入力項目はなく設定は決め打ちです。

設定条件はSSIDはステルス?(DS側にあわせるような操作になっています)、暗号化なしのようです。DHCPは192.168.0.xを使用します。(代替は192.168.1.x)。また、インターネット接続を共有を自動的に設定します。

今回のトラブルの原因はBフレッツのインターネット接続に192.168.0.xを使用していることと、Bフレッツのインターネット接続がVPN接続のためにダイアルアップ接続になっているためです。

症状は簡単セットアップツール(任天堂ではPC登録ツールと呼んでいる)のインストールで「共有設定エラー(06)」が出てインストールできないというものです。

対応はインターネット接続のアドレスを一時的に競合しないものに変更、デフォルトゲイトウェイの削除後、PC登録ツールをインストールする。その後、インターネット接続(LAN接続)の共有解除、インターネット接続(ダイアルアップ接続)に対し共有の作成で構成が完了しました。

インターネットに接続できないときはジャパンエイドPC救急隊

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。