ジャパンエイド救急隊活動ブログ

起動時にAlert! FAN Failの警告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
昨日に引き続き柏SCから服部隊員の奮戦レポです。
 
DELL Dimension 2400C 2GHz
デスクトップご使用の千葉県柏市のお客様。起動時にAlert! FAN
Failの警告が毎回出る。筐体内CPUファンが止まっているとのこと。お客様でメーカに問い合わせてみると、診断料だけで¥2万かかるとのこと。そこでネット検索してPC救急隊へご依頼・・・ありがとうございます!

Windowsは起動するが筐体を開けて本体に扇風機をあてながらご使用になっているとの旨。さっそく筐体を開けて電源ON・・・すると、CPUファンと
電源ファンの両方がストップしている。両ファンともDELL特殊タイプ。以前に秋葉で買い込んであったいくつかの汎用ファンをカバンから取り出す。まず、
特殊電源ユニットを解体して何とか取替え・配線。次にCPUファン・・・起動中に手でまわすとしばらくは回ってるが大変遅くて数秒で止まる。

解体して復活剤などでなんとか修復を試みるも不可・・・モータ基盤がダメになってる模様。仕方ないので取り外し、手持ちのSocket478/P4用の汎
用FANユニットからFANモーター部をはずして移植改造。これをアルミシンクにビニールコードと耐熱テープでなんとか固定・・・電源ON・・・2つの
ファンは勢い良く回っている・・・成功!

 
このデスクトップ機のマザーは専用ファンが故障したり接続してないと起動当初
Alert! のメッセージが出て、F2キーを押してXP起動に入るように設計されてます。取り付けた478用ファンの電源コードをここへ直付
けしようと考えましたが電圧が違うようで、万が一のことを考え、安全策をとってこれまでのようにそのままメッセージが出る状態に保留しました。お客様はご
承諾済みで、それでもお喜びなので助かりました。
 
メーカ製のファン修理はタイプが千差万別のためとにかく対応が大変ですが今回は手持ちのパーツと執念で何とかうまくいきました。以前、やはり同型のDELLデスクトップの電源ファンが回らなくなったのを修理した経験もあり、それも役立ちました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。