ジャパンエイド救急隊活動ブログ

富士通 FMV BIBLO 電源が入らない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ACアダプタが付いた状態で、40cmくらいの高さから落下後電源が入らなくなったというご依頼。
お客様によると「メーカーに出したら、マザーボード不良とHDDの不良で、見積り10万円と言われた。高いので修理せずに戻してもらった」。更に「バッテリーではちゃんと動くので、HDDは壊れてないと思うんだけど、メーカーのチェックではHDD不良と言われた。」との事。

「べら棒な料金ですね。ウチならマザーボード修理で済めば1/5で済みますよ。」

「それで済むなら是非修理をお願いします。」

「修理不可能な場合は、マザーボード交換になりますが、お客様のご予算は?」

「4万円ぐらいでなんとかなりますか?」

「若干時間は掛かる可能性がありますが、ご予算の範囲内で対応致します。」

その場ではACアダプタの電圧チェックと現象確認のみ行い、パソコンをお預かり。

持ち帰って、パソコンを全て分解したところ、ACアダプタの差込口が本体側にめり込んでおり、このためソケットの+端子と-端子がショート状態。また、ソケットの後の基板面に付けてあるコンデンサもソケットが当たった衝撃で片側の足が切断されている。
ショート状態だとは知らず、電源入れたりしてたので、ACアダプタやマザーボードが逝っている可能性有りだが、取り合えず修理してみる事にした。

ソケットを基板から外し、曲がった足を真っ直ぐに修正。基板面に残った破片を取り除いて平らにし、ソケットを接着剤で貼り付け、ソケットの足を半田付け補修。コンデンサの足も半田付け補修(大丈夫か?)

「これで駄目なら、マザーボード交換になるけど」と思いながら、パソコンを組み立てて電源を入れてみるとなんなく電源が入り、Windowsが起動。HDDも問題無し。予算4万円の半分で済みました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。